自己免疫性溶血性貧血

赤血球やヘモグロビンが不足し、黄疸などが起きる病気

「溶血」とは、何らかの原因により赤血液が壊れてしまうことを表している言葉です。つまり、「溶血性貧血」というのは、「赤血球が破壊されることによって起こる貧血」
溶血性貧血には、そのメカニズムによって、血管外溶血と血管内溶血に分けられます

赤血球は、普通であれば約120日間ほど酸素運搬の仕事をした後、寿命となり、脾臓のマクロファージという貪食細胞によって処理されると言われています。しかし、何らかの原因によって、早期に過剰に、マクロファージによって処理されてしまうことがあるようです。これを血管外溶血と呼び、それに対し血管内溶血というのは、何らかの原因で血管の中で赤血球が破壊されることを言います。これらの状態が続くと「溶血性貧血」という状態になり、健康に影響を及ぼすと言われています。

自己免疫性溶血性貧血の症状

・黄疸
・寒気、発熱、脱力
・脾腫
・血液データーの異常


様々な医学情報がインターネット内で検索する事が可能な時代ですね。
覚え書きとして、このサイトに掲載してある内容も私自身が信頼出来そうなサイト(情報源)だと思う所から参照しております

参照元:ココロとカラダの教科書 | welq [ウェルク]様より

ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
http://www.ast-suda-kiko.jp/

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。


ketsueki

LEAVE A REPLY