自己免疫性好中球減少症

血液中の好中球数が異常に少なくなる病気

好中球は、急性細菌感染症や特定の真菌感染症に対して体を守るという大きな役割を果たしています。一般に、好中球は、血液中にある全白血球の約45~75%を占めています。血液1マイクロリットルあたりの好中球数が1,000個未満になると、感染のリスクが高くなり、500個未満になると、感染のリスクは大幅に上昇します。好中球による重要な防御がなくなると、感染症に対する制御がきかなくなり、感染症で死亡するリスクが高まります。

自己免疫性好中球減少症の症状

好中球減少症には急性と慢性があり、慢性の場合は特有の症状はなく、なんらかの感染症にかかった時に発見される場合が多いようです。

急性の場合は、熱が出て、口や肛門の周りに痛みを伴うびらん(潰瘍)が発生することがあります。続いて、細菌性肺炎など重症の感染症を起こすこともあります。

自己免疫性好中球減少症の原因

好中球が骨髄でつくられる速度より、血液中で消費されたり破壊される速度の方が速いと、好中球減少症になります。一部の細菌感染、アレルギー疾患、薬物療法では、好中球の破壊速度が産生速度を上回ります。自己免疫疾患では、好中球を破壊する抗体がつくられて好中球減少症になることがあります。


様々な医学情報がインターネット内で検索する事が可能な時代ですね。
覚え書きとして、このサイトに掲載してある内容も私自身が信頼出来そうなサイト(情報源)だと思う所から参照しております

参照元:ココロとカラダの教科書 | welq [ウェルク]様より

ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
http://www.ast-suda-kiko.jp/

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。


ketsueki

LEAVE A REPLY