習慣性流産

流産を3回以上繰り返してしまう流産を習慣性流産と言います。

一般に言われる不妊症というのは、受精しない・受精しても着床せず妊娠に至らない、というケースの場合を指します。これに対し「不育症・習慣性流産」と呼ばれるケースは、妊娠に至ってもお腹の中で赤ちゃんが育たずに流産や死産を繰り返してしまう症例なのです。この症状に関しては、まだ完全に解明されたわけではありませんが、医療の発達とともにそのメカニズムや治療法も日々進化しています。不育症の原因を詳しく調べる検査を受けるのは、数回の流産を経験した後となるのが一般的です。

また、近年では不妊治療が発達してきていることにより、自然妊娠よりも早く妊娠できる事も影響して、流産を繰り返してしまうケースも増えてきているそうです。

習慣性流産の原因

不育症・習慣性流産のメカニズムはまだ解明されていない事が多く、確定的な原因や治療法は確立されていないのが現状です。しかし、不育症となる幾つかの要因は、下記のようにわかってきています。

・染色体異常
・子宮形態異常
・内分泌異常
・凝固因子異常
・ストレス
・精子正常形態率


様々な医学情報がインターネット内で検索する事が可能な時代ですね。
覚え書きとして、このサイトに掲載してある内容も私自身が信頼出来そうなサイト(情報源)だと思う所から参照しております
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
http://www.ast-suda-kiko.jp/

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。


sanfujinka

LEAVE A REPLY