全身性強皮症

硬化と言われる症状が皮膚や内蔵などの全身に現れる病気

全身性強皮症は膠原病(こうげんびょう)に属する病気です。強皮症には全身性強皮症と限局性強皮症があり、両者は全く異なる疾病であるとされます。局限性強皮症は皮膚のみの病気で内臓の疾病を伴わないとされています。全身性強皮症は皮膚や内臓が硬くなる変化(硬化あるいは線維化)が特徴とされます。
全身性強皮症でも病気の進行や内臓病変を起こす頻度は人により大きく異なるとされます。この病気は進行するかしないかにより全身性強皮症をさらに、びまん型全身性強皮症と限局型全身性強皮症に分類するとされます。

びまん型全身性強皮症は全身性強皮症の典型的な症状をしめすとされて5~6年以内は病気が進行することが多く、限局性全身性強皮症では進行がほとんどないか緩徐(かんじょ)であるとされます。

全身性強皮症の症状

・レイノー症状
(手足の末梢の小動脈が発作的に収縮し血液の流れが悪くなり、手や足の指の皮膚の色が蒼白、暗紫になる現象)
・爪上皮出血点
(爪の甘皮(生え際)の部分に現れる黒褐色の出血点の事)
・皮膚硬化
・皮膚石灰化
・逆流性食道炎
・強皮症腎クリーゼ(全身性強皮症の重篤な合併症の一つ)


様々な医学情報がインターネット内で検索する事が可能な時代ですね。
覚え書きとして、このサイトに掲載してある内容も私自身が信頼出来そうなサイト(情報源)だと思う所から参照しております

参照元:ココロとカラダの教科書 | welq [ウェルク]様より

ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
http://www.ast-suda-kiko.jp/

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。


zenshinsei

LEAVE A REPLY