血管炎症候群

血管炎症候群とは、全身のさまざまな血管に炎症が起こり、血管の流れに不具合が起こる病気をまとめて呼ぶものです。

主に大動脈(太い血管)に炎症を起こすものに高安動脈炎、巨細胞動脈炎(側頭動脈炎)、主に中動脈に炎症を起こすものに(古典的)結節性多発動脈炎、主に小動脈に炎症を起こすものに顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(チャーグ・ストラウス症候群)、主に毛細血管、細静脈に炎症を起こすものにヘノッホ・シェーンライン紫斑病、過敏性血管炎などがあります。
いずれも免疫の不具合が関わって起こると考えられていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

血管炎症候群の症状

ー共通して起こりやすい症状としてはー
・発熱
・全身倦怠感
・体重減少
各病気により炎症やそれによる不具合を来たす血管の大きさや部位が異なり、それに応じて各病気に特徴的な症状が出現します。
高安動脈炎では左右上下の血圧差が出現したり、巨細胞性動脈炎では側頭部の頭痛や視力障害が起こったりします。
より細い血管の不具合では皮膚や内臓の症状が出現し、紫斑、皮疹、神経障害、間質性肺炎、糸球体腎炎等を起こしたりします。


様々な医学情報がインターネット内で検索する事が可能な時代ですね。
覚え書きとして、このサイトに掲載してある内容も私自身が信頼出来そうなサイト(情報源)だと思う所から参照しております

参照元:ココロとカラダの教科書 | welq [ウェルク]様より

ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
http://www.ast-suda-kiko.jp/

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。


zenshinsei

LEAVE A REPLY