線状IgA水疱性皮膚症

体中にかゆみを伴う紅斑ができ、そのまわりに水疱が環状にできるという病気

線状IgA水疱性皮膚症は、体中にかゆみを伴う紅斑ができ、そのまわりに水疱が環状にできるという病気です。この線状IgA水疱性皮膚症は年齢を問わず発症する可能性がある病気で、特に屈曲部にできやすいと言われています。
10歳未満で発症する小児型 (小児慢性水疱症) 、そして40歳以上で発症する成人型に大別されるのが一般的です。
血液に含まれる細胞に悪性ウイルスが侵入することで、線状IgA水疱性皮膚症は発症します。
これを防ぐことは困難とされており、気づいたときには発症していたという人は珍しくありません。
また海外ではバンコマイシンなど薬剤との関係性が指摘されており、薬剤によって線状IgA水疱性皮膚症が誘発された例がいくつか報告されています。
他人の血液に直接触れる、傷口に汚物が接するなどといったことで発症することがあるので、十分に注意する必要があります。
線状IgA水疱性皮膚症の症状

・体中に生じる強い紅斑
・強烈な痒み

線状IgA水疱性皮膚症の主な症状としては、体中に生じる強い紅斑が挙げられます。
この紅斑は非常にかゆみが強いため、日常生活にも支障をきたすことがあります。
症状は一時的におさまったとしても、しばらくすると再び発症するなど、再発を繰り返しやすいという特徴があります。
紅斑付近には、小水疱が輪のように生じます。
症状は水疱性類天疱瘡や疱疹状皮膚炎などときわめて近く、強いかゆみのほかにほてる感覚が継続することもあります。
皮膚の真皮乳頭部に免疫グロブリンAが沈着を起こすため、セリアック病やグルテン過敏性腸炎が同時に発症することもしばしばあります。
グルテンを摂取すると、小腸の上皮組織が炎症状態となることもあります。


様々な医学情報がインターネット内で検索する事が可能な時代ですね。
覚え書きとして、このサイトに掲載してある内容も私自身が信頼出来そうなサイト(情報源)だと思う所から参照しております
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
http://www.ast-suda-kiko.jp/

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。


hifu

LEAVE A REPLY