原田病

急に両眼に網膜剥離が生じて見えにくくなる疾患

急に両眼に網膜剥離が生じて見えにくくなる疾患ですので目の病気と思われがちですが・・・
同時に髄膜炎、難聴が生じ、しばらく経過した後に皮膚の白斑、白髪、脱毛などが生じる全身の病気です。

原田病の症状

1.前駆症状
原田病では目に症状が出てくる前に何らかの症状がみられることが多く、それを前駆症状といいます。風邪をひいたときのような頭痛、めまい、微熱、頭皮のピリピリ感、全身倦怠感などがみられます。

2.発症初期の症状
(1)目の症状
両眼の充血、かすみ、歪視(ゆがんで見えること)、視力低下を自覚し、眼科で検査をしてみると両眼の網膜剥離がみられます。発症初期は日ごとに視力が下がっていくため大変不安に思う方も多くみられます。程度や発症時期に左右差がみられることもあり、片眼だけの自覚症状の方や、ほとんど網膜剥離がなく視力低下もわずかばかりという方もいます。
(2)耳の症状
内耳での炎症により感音性難聴、耳鳴り、めまいなどがみられます。難聴の程度は個人差が大きく、どちらかというと自覚症状のない人のほうが多く、耳鼻咽喉科での検査ではじめて検出される方がほとんどです。しかし、なかには両耳がほとんど何も聞こえなくなってしまう方もいます。
(3)髄膜炎の症状
髄膜炎に伴う頭痛、発熱、頭皮のピリピリ感、全身倦怠感などがみられ、多くは眼症状に先行し前駆症状として現れます。

3.発症後期の症状
発症早期の症状から回復したあとで、炎症が再発を繰り返したり、わずかな炎症が持続(遷延化)したりすることがあり、そのために生じてくる症状があります。
(1)目の症状
後期にはぶどう膜炎の再発あるいは遷延化が時にみられますが、発症初期と違って、虹彩(茶目のところ)での軽い炎症が多く、網膜剥離が生じることはまれです。したがって、自覚症状も軽い飛蚊症、充血といったものであり、視力もそれほど下がりません。しかし、そのような軽度の炎症を繰り返していくことで、あるいは炎症の遷延化により、数年から数十年かけて視力が下がっていきます。眼底は徐々に脈絡膜色素が崩壊して夕焼け状眼底という赤い眼底に変わっていきます
(2)皮膚の症状
発症初期には皮膚症状はほとんどみられませんが、炎症の遷延化とともに発症後半年から数年後に白斑、脱毛、白毛がみられるようになります。頭髪だけでなく、まつ毛やまゆ毛も白くなったり抜けたりします

原田病の原因

過去の研究結果からメラニン色素細胞に対する自己免疫疾患だろうといわれています。ふつう免疫反応というと、自分のからだに害を及ぼす異物(細菌やウイルスなど)に対して攻撃し排除するためにからだに備わっている防御機構で、健康を保つために欠かせないものです。しかし、自己免疫疾患とは自分のからだの中にある正常な物質を間違って悪い物質だと認識して免疫反応を起こし、その場所で過剰な炎症が生じる病気をいいます。原田病ではメラニン色素細胞を標的として病気が起きますから、メラニン色素の多い組織、つまり目、耳、髄膜、皮膚、毛髪などで炎症が生じるのです。


様々な医学情報がインターネット内で検索する事が可能な時代ですね。
覚え書きとして、このサイトに掲載してある内容も私自身が信頼出来そうなサイト(情報源)だと思う所から参照しております

参照元:日本眼科学会様より

ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
http://www.ast-suda-kiko.jp/

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。


me

LEAVE A REPLY