慢性円板状エリテマトーデス

頭部、顔面、四肢など鱗に似た赤い発疹が現れる病気

全身性エリテマトーデスと異なり皮膚症状のみ出現する皮膚限局性エリテマトーデスの1つであり全身の臓器障害は見られないが、一部に全身性エリテマトーデスへ移行するケースもみられる。
慢性円板状エリテマトーデスの症状

暗赤色で鱗屑(皮膚表面の白いかさかさ)を伴う、境目のはっきりした発疹が頬、鼻、下唇、頭部などの露光部にできます。全体にやや皮面より隆起し、中心は角化や萎縮を伴います。口唇ではびらん、頭皮では脱毛を伴うことがあります。かいたり刺激を与えたりすると、その部位に発疹が広がる性格(ケブネル現象)があります。

慢性円板状エリテマトーデスの原因

原因は不明ですが、紫外線や寒冷刺激が誘発および増悪因子となります。SLEと異なり、DLEでは血液中の自己抗体は関係せず、皮膚局所の抗原刺激や物理的刺激により特定のTリンパ球が増殖し、サイトカイン(細胞間で情報を伝達する蛋白質)の産生が引き起こされ、病変が形成されると考えられています。


様々な医学情報がインターネット内で検索する事が可能な時代ですね。
覚え書きとして、このサイトに掲載してある内容も私自身が信頼出来そうなサイト(情報源)だと思う所から参照しております

参照元:BIGLOBEヘルスタミン様より

ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
http://www.ast-suda-kiko.jp/

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。


hifu

LEAVE A REPLY